2015年2月10日火曜日

夜桜に備えてライトをアップグレードしました。


KeroTsumuriComets pub の木が開花しはじめました。でも、ライトが以前の小さな街頭黒板の時のままだったので、夜間に見物される方には暗くて全体がよく見えない感じでした。そこでライトを明るくしました。ついでに強く防滴にも対応なものになりました。




今までのダッツルートビアの空き缶シェード。大きくなった黒板には光量が足りない感じでした。

そこで調達したライトがこちら。たしかに明るいですが、シェード自体に灯りが点って夜間だとめだってしまいます。またPrimtitive moire的にはこの美しいシェードが物足りない感じです。

去年差し入れにいただいていた7upを飲みながら考えました。ごちそうさま。


飲み終えた缶の底を開けていきます。


多少あたっても危なくないようにまるめて、雪洞のような灯り窓をあけます。熱抜きの意味もあります。


シェード部分に電球ソケットが一体化していましたので切り取り線をつけてやり…


そこからパキっとはずしてやります。

シール材をボドボド乗せてシェードにはやがわり。

これまでのダッツライトから…

7upライトになって明るくなりました。ライトの位置は調整の余地はありそうですが、これで夜桜をご覧になる方にも少しは見え易くなるといいなと思います。
ところで、この花をさきほどから桜と呼んでいますが、はっきりしません。梅のようでもあり、桃のようでもあり、桜のようでもあります。


追伸、黒板の下にミニ黒板で「お話はLINEで」と書いているのですが、感想を訊かせてくださる方もいらしてありがとうございますです。実はあれはKeroTsumuriの物語りのお話をご覧いただけますという意味で書かせていただいてますので、あまり意識されなくても大丈夫ですから、気楽にご覧になったり記録写真とったりされてくださいね。

0 件のコメント:

コメントを投稿


ハカナ画を描く予定の日。ただし、天気や湿度によっては変動します。

見物の予約をする
休日にハカナ画を描くプライベートなスタジオです。